デリケートゾーンにおい対策手術の失敗例

デリケートゾーンのにおいに悩んでいるスソワキガの体質の人は、におい対策のために音一度は手術を検討した経験がある人もいるでしょう。

デリケートゾーンのにおい対策として手術をする場合は、スソワキガの要因であるアポクリン汗腺を除去する処置が実施されます。

しかし、デリケートゾーンのにおい対策の手術をしたけれど失敗してしまった…という声もたびたび聞かれます

ここでは、デリケートゾーンのにおい対策として、手術を受けた際のよくある失敗例をご紹介します。

デリケートゾーンのにおいが無くならない

デリケートゾーンのにおい対策の手術は、デリケートゾーンの一部にメスを入れたり、切り口を数センチ開けて細いカニューレという管を挿入してアポクリン汗腺を吸ったりします。

しかし、実際にはアポクリン汗腺が広い範囲に拡大していることもあり、メスを入れていないところにもアポクリン汗腺が広がっていることがあるのです。

全てのアポクリン汗腺を除去しなければ、手術した後でもデリケートゾーンのにおい対策ができない恐れがあります。

デリケートゾーンのにおいが再発してしまう

アポクリン汗腺は、いくら程度の大きさですが、しっかりとデリケートゾーンにくっついています。

手術する方法としては、吸うものが多くありますが、根元からアポクリン汗腺を吸っていなく、中途半端に吸っています。

アポクリン汗腺は、実際には再生するもの。

手術方法がこのようなものであれば、アポクリン汗腺を吸ったり壊したりしても、時間が経つと再生し、またデリケートゾーンのにおいが元に戻ることもあるのです。

デリケートゾーンのにおいがキツクなる

デリケートゾーンのにおいがキツクなる要因ははっきり分かっていませんが、手術した後ににおいがキツクなる術後臭という現象があります。

また、デリケートゾーンのにおい対策はできたが、わきや胸からのにおいがキツクなり、今度は別の箇所のにおいに悩むような場合もあるようです。

汗の量が多くなる

スソワキガ手術の場合は、汗腺を除去するため、デリケートゾーンからの汗の量は非常に少なくなります。

しかし、デリケートゾーンから出るはずであった汗は無くなるのではなくて、体の別の箇所から出ます

例えば、大量の汗が太ももから出たりするため、椅子が濡れるようなこともあり得ます。

デリケートゾーンのにおい対策として、手術をすることはここでご紹介したような失敗例があるため、必ずしもおすすめではありません。

このような失敗例がないように、きちんとデリケートゾーンのにおい対策をしてくれるクリニックを選択しましょう。