デリケートゾーンの臭いの種類と対処法

デリケートゾーンは、様々な臭いを発生させます。
健康の範囲内で問題がない臭いから、病気が原因で治療が必要な場合もあります。
一般的な臭いの種類と原因を知っておくことで、適切な対処ができるでしょう。

デリケートゾーンの臭いの種類と原因

スソワキガの臭いはワキガと同じ

 普通の汗は、水分に近く蒸発しやすいため、下着についてもあまりに臭いませんが、スソワキガの汗は水分が少なく粘着質のため、下着につくと蒸発しにくく、嫌な臭いが発生します。

ワキガの原因は アポクリン汗腺から分泌される粘ついた汗で、脂質やたんぱく質を多く含みます。この汗は脇の下だけでなく、耳や乳頭、陰部などからも分泌されます。

そのため、ワキガ体質の人はデリケートゾーンも同じように臭うことが多いようです。

臭いの表現の仕方は色々ですが、鼻を突くようなきつい臭いです。

 生理の臭いは生臭い 

実は、経血自体はそれほど臭うものではなく、ナプキンなどに排出されると空気に触れて酸化し、生臭い臭いを発生させます。

また、アンダーへアに生理の経血がついたままにしておくと、不快な臭いがします。

ナプキンの交換をマメにおこない、交換の際には専用のウエットティッシュで拭くとよいでしょう。

おりものは酸っぱい臭い

 一般的におりものの臭いは酸っぱい臭いと言われますが、健康な体ではおりもの自体には臭いはありません

おりものは、膣内を正常な状態に保つために働いていますが、膣内に雑菌が入ったり、女性ホルモンのバランスが崩れると、膣内に自浄作用が働き、普段のおりものより酸っぱい臭いがきつくなります。

生理的範囲内の酸っぱい臭いは誰にでもあり、それほど心配する事もないようです。

 アンモニア臭は下着についた尿の臭い?

わずかな尿もれなどが原因で、下着についた尿がアンモニア臭として臭う場合もありますが、内臓機能の低下で身体からアンモニア臭のする汗が出ることもあります。

肝臓の機能が衰えていることが多く、解毒作用が上手くいかずに、ワキやデリケート部分にアンモニア臭の汗がでやすくなります。

体内から発生するアンモニア臭はせっけんなどで洗うだけでは解消できないので、睡眠、運動、食事など生活全般を見直すことが必要です。

デリケート部分と臭いの関係

 下着が甘酸っぱい臭いがしたり、デリケート部分が痒い場合は、糖尿病の初期かも知れません。

 臭いが強いだけでなく痒みを感じ、チーズのようなおりものがある場合は、カンジダ膣炎の可能性があります。

 臭い、痒み、痛みがあり、黄色のおりものが多い場合は、トリコモナス膣炎の疑いがあります。

まとめ

デリケートゾーンからの臭いで、健康状態がはかりとれます。

いつもと違う臭いや痒みや痛み、体のだるさが加わるようなら、病気の疑いもあるので、病院を受診するようにしましょう。