排卵期に、デリケートゾーンの臭いがキツくなるのはどうして?

排卵期には、デリケートゾーンの臭いがキツクなります
では、排卵期にデリケートゾーンの臭いがキツクなるのはどうしてなのでしょうか?

ここでは、排卵期にデリケートゾーンの臭いがキツクなる理由についてご紹介しましょう。

排卵期にデリケートゾーンの臭いがキツクなる理由

デリケートゾーンの臭いがキツクなるのは生理周期と非常に深く関係しています。
生理周期の中において、排卵期はもっともデリケートゾーンの臭いが変わると言われています。

受精をサポートするための作用

排卵期に近くなると、オリモノがちょっと白濁した色になり、とろみがあるものになります。
そして、普段よりもオリモノの臭いが酸っぱいものに変わります。
これは、卵子と精子が受精することをサポートするための作用であるためであり、不快に思っても排卵期の現象であると受け入れる必要があります。
しかし、デリケートゾーンの臭いが普段と違いキツクなってしまうので、この臭いが自分でも気になるところですよね。

雑菌の繁殖によるもの

また、排卵期には普段よりオリモノの量が多くなるため臭いもキツクなり、オリモノには雑菌が繁殖するため、雑菌による臭いも発生してくるのです。

このような理由から、排卵期にはデリケートゾーンの臭いが特にキツクなってしまうのです。

しかし、オリモノの臭いをまったくなくすことはできませんが、コントロールすることは可能なんです!

排卵期のオリモノの臭いをコントロールするには?

オリモノシートを使う

定期的にオリモノシートを使用して、オリモノが排出されたらこまめに取り替えましょう

専用ソープで正しく洗おう

デリケートゾーンは敏感ですから、専用ソープを使って正しく洗い、清潔な環境を保ちましょう。
なお、正しいデリケートゾーンの洗い方については、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

生理中のデリケートゾーンの臭いを対策する方法

生理中は、婦人科系の病気になったり、免疫力が下がったり、経血の雑菌の繁殖などからデリケートゾーンの臭いがキツクなります。
病気でない場合に、デリケートゾーンの臭いを無くす対策をすると、臭いはほとんど気になりません。

こまめにナプキンを交換する

生理中は雑菌がよく繁殖する状態であるため、こまめにナプキンを交換しましょう。
経血の場合は、出てから約3時間くらいで雑菌が繁殖します
同じナプキンを長時間使っていると、臭い、痒み、肌荒れの要因にもなり得ます。
最近は、通気性の良い生理用ナプキンや布ナプキンもありますね。
布ナプキンの素材はむれにくいため、試してみるのもいいでしょう。

洗い方に要注意!

生理中、デリケートゾーンの臭いがキツクなるからと言って、ゴシゴシ力任せに洗わないようにしましょう。
ぬるま湯で専用石鹼を使って、すみずみまで丁寧に優しく洗いましょう。
また、こまめに下着を交換して清潔に維持することも大切です。